« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

桂ヶ丘カントリークラブ

今週も朝一番のスタートで
茨城の北の桂ヶ丘カントリークラブへ。

午前3時半起き。
早すぎて、相変わらず日は全く登っておらず、暗い。
でも、前日早めに寝たせいか、それほど辛くはない。

お天気はめずらしく悪く、
雨がどんどん強くなってくる。
天気予報によると、豪雨注意報が出ている地域もあるようだ。
雨の中ゴルフってまだやったことないけど、大変そうだな。。

ゴルフ場に着いた時には雨がけっこう強く降ってきた。
うーむ。今回はやっぱり雨ゴルフかあ。
今まで天気には恵まれてきた運も尽きたか?。

今回も7時スタートで、一番目。
雨具を着てカートに乗り込む。
直前まで強く降っていた雨だけど、
はじめた頃には弱まって、小雨程度になっていた。
この位ならそんなに気にならないかも。

ゴルフ場の水はけが良いのか、
芝の上で打つ時に水がはねたりもせず、
あまり雨を気にせずにプレイすることができた。
そして2ホールくらい回ったところで
雨もすっかりあがってしまった。
うむ。やっぱり天気運はあるかもしれない。

一方、スコアはすこぶる悪かった。
コースがなかなか戦略的というのか、
バンカーや池がうまい具合に設置されていて、
みごとに入ってしまいやすい。
ボールもかなり紛失してしまった。

いや。それにしても、こまごま駄目だったかもしれない。
アプローチのちゃんとした打ち方もなんだか忘れてしまって
全然ちゃんと思ったところにいかないし。
そんなこんなで、前回せっかくベストスコアをマークしたのに
今回はかなり下がって136と恥ずかしい結果に。
うーん、要するにまだ安定してないってことですな。

朝一開始でスルーでプレーすると
お昼ごはんの時間がちょうどお昼になるのも良い。
8時台とかに始めると10時くらいに食べなきゃいけないので
何ご飯なんだかわからなくなり、
かつ午後早目にお腹が空いてしまう。

ご飯食べて、お風呂。
お風呂は広くてきれいで、窓が大きくて
お湯もぬるめで気持ち良かった。

まるまる遊んでまだ午後の時間がたっぷりある
というのも、時間が有効に活用できているような気がする。
まあ、早起きしてるから眠くなるのも早いんだけど。

----------------------
スコア:136
パット:43
----------------------

2011年7月24日 (日)

サンモリッツカントリークラブ

久々のゴルフコース。
といっても1ヶ月ぶりくらいだけど。
一時は毎週のように行っていたせいか、
1ヶ月も空くと随分久しぶりのような気がしてしまう。

今回は、栃木のサンモリッツカントリークラブへ。
朝一番スタートなので午前7時開始!
と早いので、起床は4時。眠い。
まだ外が明るくなっていないと、起きるのがつらい。
でも頑張って起きて、行く。

6時くらいにゴルフ場に到着してしまったら、
一応クラブハウスは開いてはいたけれど、
まだ受付が開始されていなかった。
しばし待って、6時半に受付をした後、
開始まで少し併設の打ちっ放し練習場にて体を温める。
ここの練習場は、多分20ヤードくらいしかなくとっても小さいのだけど、
無料なのが、すばらしい。

7時にプレー開始。
初めは「牧」コースから。
このボルフ場は、INとかOUTではなく、
何故か「牧」と「不動」という謎のコース名なのだ。
対になっている言葉のようにも思えないのだけど、
どうしてこんな名前なんだろう。

一番乗りなので前の組がいないため、
待つストレスが無いのが、意外に良い。
そしてそのせいか、かなりスムーズに進んで、
前半ハーフが8時半過ぎと、2時間かからず終わってしまった。
しかしもしかしたら、それにプラス、
今回は全体的にスコアが安定していたというか、
あっちこっちに飛んでしまうことが少なく、
進むのもスムーズだったのかもしれない。
そういえば「後ろを待たせてしまってる!」
というプレッシャーを感じることが無かったな。
多少は成長したのだろうか。

スルーでできなかったので
ハーフで休憩を挟まなければいけなかったのだけど
いくらなんでも午前8時台に昼飯は食べられないので
ビール1缶だけ飲みつつ休憩。

後半戦は9時25分開始。
休憩中の反省会にて決めた、
運頼みがちだったショットを、手堅く攻める、
という方針に変えてみる。
具体的には、崖やラフに入ってしまった時などに
今までは、どうしても直線最短コースを狙って、
運がよければうまくいく、という方針で打ちがちだったのだが。
運頼りだとバラつきがある、というか
大抵上手いこといかずに余計に打ってしまうことに
なりがちであったので。
一度、近くても打ちやすい場所に出す、
というワンステップを嫌がらずにやる、ということにした。
その成果か、目立つ大きな失敗も少なく済んで、
前半よりもスコアが良く仕上がった。

トータルスコアは115。
おー。自己最高記録。

始めて半年で115なら、なかなか良いのではなかろうか!
と満足げに帰ってきたのですが。
帰ってきてからTVを観たら
小学生の男の子と中学生の女の子が
石川遼の出す課題に従って
ゴルフの練習を4ヶ月間みっちり行う、
という番組が放送されていた。

そして最後に、初めてのコンペにてコースに出た時のスコアが
小学生の男の子で120、中学生の女の子が110だった。
どへー。
まだまだ頑張らねば。。

----------------------
スコア:115
パット:39
----------------------

2011年7月16日 (土)

川口パブリックゴルフ場 薄暮

暑い。
本日は川口パブリックゴルフ場の薄暮プレイへ。

薄暮の15時開始といえども、
強烈な日差しでちっとも薄暮っぽくなく、
暑さ満点で汗をかきまくり、
持ってきた氷水を、ごくごく飲んでしまう。

暑過ぎると、細かくいろいろ考えるのが面倒くさくなってくるのであるが、
これがかえってゴルフには良かったのかも知れず、
意外に上手いかんじにいくショットが多かった。
そもそもゴルフは、いろいろ考え過ぎて打った方が上手くいかないもので、
ともかく「無心」「後先を考えない」「力を抜く」などが
上手くいくコツであるようなかんじなのだ。
だから、あれこれ考える余裕が無い、この炎天下は
意外に上手くいってしまう要因になるのかもしれない。

とはいえ、暑すぎ。
バテるのも早いし、あまり長時間日に当たっていたら
頭がおかしくなりそうだ。

この川口パブリックゴルフ場の薄暮は全12ホール分と少ないのであるが
12ホールに、こっそりプラス2ホールプレイして
全14ホール分だったけど、炎天下の手引きカートプレイで
もう、これで十分!。というかんじに疲れ果てた。

真夏の昼間に、果たしてできるんだろうか。

2011年7月 2日 (土)

鳴沢林間ゴルフコース

眠い。朝5時に起きた時には
まだ酔っているような感覚。
前日に遅くまで飲んでいて寝たのが2時過ぎだから
まだ酒が抜けていない。
酔いを残した状態のまま、河口湖方面へ向かう。
このあたりには、広いゴルフのショートコースがいくつもあるのだ。
今回のプランは、このショートコースをやって、キャンプ宿泊するのだ。

鳴沢林間ゴルフ場というところに予約を入れておいたのだけれども
樹海のような道に迷いこんでしまって、
早めに着いたのに、グルグル回ってしまった。
i phoneの電波も途切れがちで地図もよくわからないし。
まさしく樹海。人はこうやって迷って樹海で死んでいくのだろうか。
と不安になってきたけれども、
思わぬところでいきなり目指すゴルフ場に到着してしまった。

ショートコースとはいえ芝も整備されていて、ものすごくキレイでびっくり。
本コースのショートだけで構成されていると言っても過言ではないような
綺麗さ具合。
森に囲まれていて鳥や虫がわしゃわしゃ鳴いているのも、良い。
そして、空気が涼しい!。

こんな空間で、静かに受付の仕事をしているおじさんを見て、
こんな空間にゆったりいられるこんな仕事っていいなあ
と思ってしまった。

それにしてもまだ酔いが残っているので
最初の頃は朦朧としていて、全然ダメなかんじであったけれども。
回っているうちに汗かいて酒が抜けてきたのか、
だんだん調子が良くなってきた。

というか、空いてるし、回り放題だし、
で練習し放題なので、
かなり今日だけでも良い練習になって、上達もしたのかもしれない。
18ホールちゃんとあって、最長219ヤードもあるし。
コースが2つに分割されていて、その間をミニモノレールで移動したりという
面白さもあるし。
しかしこのモノレールに乗るのは帰りだけで、
行きは歩いて移動するのだ。

そんなショートにしては長めでアップダウンもあるコースを
歩いて回って、しかも合計40ホールぐらい回ったので、
けっこう足が疲れた。
8時半から初めて、気がついたら夕方4時までみっちりやってしまった。。
ゴルフの練習も相当したけど、よく歩いたものだ。

その後、西湖のキャンプ場へ。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

オススメ

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ