« 室内ゴルフレッスン1回目 | トップページ | 秩父国際カントリークラブ »

2011年1月15日 (土)

腹六分目くらいがよいのだ

昨日ゴルフレッスンを受けてみた成果を
ちょっと試してみたくなったので
本日は打ちっ放しに行って腕ためし。

昨日、主に学んだことは「振り過ぎない」こと。
「えー、こんな程度でいいの?」
と物足りないくらいの気持ちで振り上げるくらいが
ちょうどいいということなのだ。

やっている実感としては、全然振り上げられていない気がするのだけど、
画像で姿を見ると、ちゃんと十分に振れていたので、
ああ、これでいいのか、と納得はできたのだけど。
しかし果たしてそんな振り上げ量で実際にちゃんと飛ぶのかどうかについては
半信半疑であったので、実際の現場で試してみたい。

そうして実際にそのとおり、腹6分目くらいの物足りなさの振り上げで
打つようにしてみたところ、
なんとなんと、いままでどのクラブで売っても同じような飛び方と距離だなあ
と思っていたのに、それぞれのクラブの実力がちゃんと出るかんじで
ボールがちゃんと上に上がって飛んだり、距離もそれなりに飛ぶようになったのだ。
そんなことで違ってくるとは。さすがプロの教えはすごい。

というか、いままでより力を押さえてるのに
たくさん飛ぶようになったというのが、
ものすごく不思議だー。
いかに余分な力を使っていたかということか。
でも、何ごとも上手くいかない時って、
力が入りすぎているというか、力の配分を間違っていることが
原因だったりするもんだしね。

あー、なんだか。
力の入れ方が違うでしょう、というか入れ過ぎでしょ?あなた
ってかんじの人っているよなあ、と具体的に何人か顔が浮かんでしまう。

力を発揮しよう!と力を入れ過ぎると
持っている力が十分に発揮できないが、
力を抜くと逆に十分に発揮できるという矛盾が面白い。

確かに、できる人って、力んでないというか、
リラックスしてる感じがするもんねえ。

ゴルフの話に戻すと。
いままで実はあまり、いろんなクラブ持っていても、
そんなにちまちま変える必要なんてあるのか?
というくらいに、そう違いが出なかったのだが。
ちゃんと上手く使えば、ちゃんとポテンシャルを発揮するもんなんだなあ。

しかし、ドライバーだけは相変わらず
本当にこれがドライバーなのだろうか?
というくらいにあんまり飛ばないのでした。
なぜだー?!

« 室内ゴルフレッスン1回目 | トップページ | 秩父国際カントリークラブ »

練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585206/42298909

この記事へのトラックバック一覧です: 腹六分目くらいがよいのだ:

« 室内ゴルフレッスン1回目 | トップページ | 秩父国際カントリークラブ »

オススメ

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ